【アニメ】風が強く吹いている第2話ネタバレ感想「鬼が来りて」

2週間無料で見放題です!

2018年10月より日本テレビ、BS日テレなどで放送されているアニメ「風が強く吹いている」の第1話のネタバレ感想です。

駅伝を題材としているめずらしい作品です。

東京オリンピックを目指しているマラソンランナーも多くが箱根駅伝を経験しています。

現在ではなかなかない話ですが、ぜひ駅伝に興味があれば見てみてくださいね。

風が強く吹いている第1話「鬼が来りて」ネタバレ感想

以下ネタバレを含む感想です。NGの方はお気をつけください。

箱根駅伝は無理と反論する走

強豪校が一生懸命練習と努力を重ねてやっと出場できる大会。

陸上経験の走はわかっているからこそ反論する。

箱根駅伝の出場は現実的ではない、と。

しかしハイジはできると主張する。

ハイジのくどき落とし活動

全員箱根駅伝を目指すことに反対している。
しかしハイジはあきらめなかった。

それぞれを個人で口説きおとしにかかる。

王子
・・・陸上部員でないと住めないと脅す

キング
・・・箱根駅伝で就職に有利になると助言

神童
・・・山の神が出ていない、地元に大ニュースになるのではと期待させる


・・・誰にも咎められずに走ることができる

ムサ
・・・バイト先を紹介したことを脅す

ジョータ、ジョージ
・・・箱根に出れば女子にモテると言う

個人で落としにきているハイジにユキは絶望する。

走とハイジの勝負

大家さんの家のお風呂が壊れ銭湯「鶴の湯」へ。

そこで走とハイジが鶴の湯の熱湯にどちらが長く浸かっていられるか勝負することに。

結果は引き分けに。

箱根駅伝はどうなるのでしょうか。寛政大学陸上部の運命は!?

風が強く吹いているアニメ次回予告

次回のタイトルは「花、一輪」。

男だけの陸上部に花(=女の子)が登場します。
メインヒロインになるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です