第31回出雲駅伝2019振りかえり

2019年10月14日(月・祝)に第31回出雲駅伝が開催されアンカーの6区残り700mで國學院大學が逆転で初優勝となりました。

区間エントリー予想の結果と各大学の結果について簡単に振りかえります。

第31回出雲駅伝結果

國學院大學:優勝

区間選手学年区間順位チーム順位
1区藤木 宏太2年5位5位
2区中西 大翔1年3位3位
3区浦野 雄平4年3位3位
4区青木 祐人4年5位4位
5区茂原 大悟4年5位4位
6区土方 英和4年1位1位

初優勝の國學院大學は6区の土方選手が日本人最速タイムで区間賞を出しているのもすごいですが他メンバーも全員が区間5位以内でつないでいます。

距離が長くなり、出走選手も多くなる全日本大学駅伝、箱根駅伝は選手層としては不利になる可能性はありますがブレーキがなければ3位くらいには入りそうな勢いです。

駒澤大学:準優勝

区間選手学年区間順位チーム順位
1区山下 一貴4年2位2位
2区伊東 颯汰3年4位2位
3区田澤 廉1年2位1位
4区小林 歩3年3位1位
5区中村 大成4年3位1位
6区中村 大聖4年4位2位

6区7km地点くらいまでは間違いなく駒澤大学が優勝するだろうと思っていました。駅伝の厳しさおよびおもしろさを感じます。

抜かれてしまった中村大聖選手も含め全員が区間2~4位で走っています。この安定感はかなり高いです。全日本大学駅伝は駒澤が得意にしている駅伝なので昨年と違い箱根予選会もないので、良い結果が期待できますね。

東洋大学:3位

区間選手学年区間順位チーム順位
1区西山 和弥3年10位10位
2区大澤 駿3年2位5位
3区相澤 晃4年1位3位
4区宮下 隼人2年4位3位
5区今西 駿介4年2位2位
6区定方 駿4年3位3位

エース相澤選手が結果を出し、新戦力も使いつつ上位に入るのはさすが東洋大学といったところです。

西山選手が故障明け、今西選手も区間2位ながら苦しそうではありましたが最低限結果は出しています。

出雲を回避した主力の吉川選手らが加わればおもしろくなると思います。

東海大学:4位

区間選手学年区間順位チーム順位
1区西川 雄一朗4年4位4位
2区阪口 竜平4年6位6位
3区塩澤 稀夕3年6位5位
4区市村 朋樹2年2位5位
5区鬼塚 翔太4年4位5位
6区西田 壮志3年2位4位

箱根駅伝で初優勝し、黄金世代が最終学年、目標を三冠としていた東海大学ですが、出雲でその夢は叶わなくなりました。

下級生3人が活躍したのは良いことなので、あとは館澤選手ら経験豊富な4年生の復調を待つのみですね。全日本の長距離区間もハーフに出場した出雲登録外のメンバーが走ると思うので準備は万端ですね。

青山学院大学:5位

区間選手学年区間順位チーム順位
1区湯原 慶吾2年7位7位
2区岸本 大紀1年1位4位
3区吉田 圭太3年4位4位
4区神林 勇太3年1位2位
5区竹石 尚人4年6位3位
6区中村 友哉4年5位5位

連覇を目指した青山学院ですが、4区終了時にはトップに並んでいましたが5区と6区で順位を落としてしまいました。

それほど区間順位は悪くないのですが、前半の流れを4年生が止めてしまいました。

1年岸本選手と3年神林選手が区間賞と見せ場は作ったのでどう立て直していくかですね。

帝京大学:7位

区間選手学年区間順位チーム順位
1区平田 幸四郎4年9位9位
2区遠藤 大地2年9位9位
3区小森 稜太4年10位10位
4区谷村 龍生3年9位9位
5区小野寺 悠3年1位6位
6区中村 風馬2年13位7位

法政大学:8位

区間選手学年区間順位チーム順位
1区鎌田 航生2年14位14位
2区田辺 佑典3年10位11位
3区青木 涼真4年7位8位
4区人見 昂誠2年15位11位
5区清家 陸2年10位11位
6区河田 太一平1年8位10位

拓殖大学:9位

区間選手学年区間順位チーム順位
1区赤﨑 暁4年3位3位
2区髙橋 達彦2年20位15位
3区Razini Lemeteki1年5位12位
4区竹蓋 草太2年8位10位
5区佐々木 虎太郎1年9位9位
6区中井 槙吾4年10位9位

順天堂大学:10位

区間選手学年区間順位チーム順位
1区野口 雄大3年11位11位
2区藤曲 寛人4年8位8位
3区橋本 龍一 4年9位6位
4区小島 優作2年11位8位
5区野村 優作1年13位8位
6区澤藤 響3年9位8位

中央学院大学:11位

区間選手学年区間順位チーム順位
1区川村 悠登4年8位8位
2区小島 慎也1年5位7位
3区髙橋 翔也3年11位7位
4区吉田 光汰2年7位6位
5区栗原 啓吾2年20位10位
6区長山 瑞季4年11位11位

7位~11位総括

上位5大学は安定していましたが、7位以下の大学は5位とも差がある上に関西の立命館大学に完敗する結果に。

全日本大学駅伝や箱根駅伝を見据え故障者や不調者を外したり、新戦力を試したりしているチームもあるとは思いますが少し残念な結果ではありますね。

まとめ

令和初の箱根駅伝は國學院が初優勝しました。各チーム戦力が充実している結果だと思います。

4年生が強い大学が多いと思うので、駅伝シーズン目が離せませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です