名探偵コナン映画「紺青の拳(フィスト)」ネタバレ感想|京極真vs怪盗キッドが激突

2019年名探偵コナンの第23作目の映画「紺青の拳(フィスト)」が公開されました。

予告では怪盗キッドの声のみですが後に京極真さんもキーパーソンとして登場することが発表されました。

名探偵コナン2019年の映画は「紺青の拳(フィスト)」キッドと京極真が激突!?

今回は舞台が海外(シンガポール)となっており、字幕(英語)のシーンも多く見られました。
展開も切り替わりが多かったので、少し子どもにはむずかしい内容だったかもしれません。

盛大なネタバレを含みますので、作品を一度以上見てから本記事を見ることをおすすめします。

ボクっこ
感想を書いていきますね

紺青の拳(フィスト)あらすじ※ネタバレあり

紺青の拳(フィスト)はシンガポールで見つかった宝石

今回の舞台はシンガポールです。

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだ世界最大のブルーサファイアが紺青の拳です。

シンガポールの大富豪ジョンハン・チェンが発見し、彼の趣味である空手大会の優勝ベルトに紺青の拳をはめて賞品にすることになりました。

ボクっこ
紺青の拳という映画のタイトルを聞いた時は最初京極さんのパンチのことかと思いました

マリーナベイサンズ近郊で殺人事件が発生

マリーナベイサンズ近郊で女性弁護士シェリリン・タンが刺殺される殺人事件が発生しました。

そして殺人事件現場には怪盗キッドの血塗られたメッセージカードが・・・

京極真が出場する空手トーナメントを観戦

紺青の拳が優勝商品の空手大会に京極真が出場するため、蘭・園子・小五郎はシンガポールを訪れます。

コナンは子どもの姿のままでは日本を出ることができないため留守番・・・と思いきや蘭の変装をした怪盗キッドに拉致され子どものまま現地に連れてこられました。

キッドは新一として、コナンはアーサー平井という現地の少年の振りをして行動を共にします。

ボクっこ
なんで蘭はコナンだって気づかないんでしょう・・・

コナンはキッドの助けがないと日本へ帰れないので、彼を捕まえることはできません。

 

一方、京極はスポンサーのシェリリン・タンが殺害されたため、空手大会の出場ができなくなったと言いますが、園子の一声で出場が決定しました。

怪盗キッドvs京極真

紺青の拳が保管されているレオン・ローの屋敷に招待された一行は、そこで金庫に保管された紺青の拳を確認します。

怪盗キッドは盗みに入りますが、レオン・ローが待ち伏せしており一度撤退することに。

逃走中、屋敷でトレーニングをしていた京極誠と対峙しますが、間一髪(コナンの助け)で逃走します。

 

なおキッドと京極が直接対峙するのはこのシーンのみでした・・・

ボクっこ
あれれ・・・

第2の殺人事件発生

空手会場にてキッドは紺青の拳を再度狙いますが、保管されていた金庫にレオンの秘書レイチェル・チェオングの死体が見つかります。

レイチェルに変装していた金庫に忍び込んだキッドは、盗みも失敗した上にレイチェル殺しの最有力容疑者とされてしまいました。

園子ひき逃げ事件

一方、食事をしていた京極と園子はいちゃもんをつけられけんかに。

京極が相手をしているうちに園子がひき逃げにあってしまいます。

 

自分の拳のせいで園子がひどいことに。

レオンからはミサンガのようなお守りをつけられ、これが外れるまで拳を振らない方が良いと言われ、大会も準決勝で棄権しました。

 

園子は隠し事ばかりする京極を信じられなくなってしまいます。

レオン・ローの狙いはシンガポールを変えること

レオン・ローの目的はシンガポールの街を変えることでした。

そのため海運会社や海賊と手を組み、船を突っ込ませようと企みます。

 

そして物語はクライマックスへと進みます・・・

紺青の拳(フィスト)感想※ネタバレあり

続いては感想です。

紺青の拳(フィスト)感想 良かった点

  • コナンの映画の代名詞だった爆発が最初の1回のみだったこと
  • 表で動く黒幕と裏で動く黒幕のデュアルサスペンス
  • キッドを助けるコナンのめずらしい展開
  • 前髪下ろした園子かわいい
  • 主題歌「BLUE SAPPHIRE」が映画にすごく合っていた
created by Rinker
¥1,320 (2019/11/22 07:14:41時点 楽天市場調べ-詳細)

紺青の拳(フィスト)感想 イマイチだった点

  • キッドと京極の対決が微妙すぎ
  • 推理要素少ない
  • 最後のピンチでアーサー(コナン)たいしたことしてない
  • 黒幕バレバレ
  • ゲスト声優必要ない(山崎育三郎はうまかったです)

また感想とは少し違いますが、今回はシンガポールが舞台だったので警察関係者(目暮警部など)はいっさい出番なし、博士・灰原・少年探偵団も登場はしましたが出番はほとんどありませんでした。

紺青の拳(フィスト)まとめ

英語のセリフが多く、展開も早かったですが、ストーリー自体はそこまでむずかしくありませんでした。

昨年のような歓声は上がりませんでしたが、見応えのある作品には仕上がっていました。

ぜひ見てみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です